さて、先日のニュージーランドへの旅
JALのサファイアになってからの
初めてのJAL便利用でありました。
まあ、「JAL便」とは言いつつも
ニュージーランド航空とのコードシェア便なので
機体から乗務員から全てニュージーランド航空仕様。
しかも特典航空券での利用ではありますが
一応、サファイアで良かったこと、なんぞ
まとめておきたいと思います。
ま、「良かったこと」ってのは
サファイアだと普通に受けられる恩恵でありまして、
例えばアップグレイドとか、
身分以上の恩恵は何ひとつ受けておりませんので。
まずチェックイン。
座席はエコノミイだけど、
往復ともに ビジネスクラスカウンターを利用できるので
混み合うエコノミイカウンターの列を尻目に
待ち時間なくチェックイン。
それだけ早くラウンジでくつろげるわねー。
座席の優遇的なことは一切ございませんけど。
で、ラウンジ。
まず 行きに利用した 成田のサクララウンジ
本館とサテライトと、それぞれラウンジがあって
両方入っていいらしいのだけど、
慣れてない&ゲートがサテライト側の為
サテライト側のラウンジに行ったんだけども。
中は 今まで知らなかった
ゆったり&くつろぎの空間が広がっておりました。
そして飲み物各種の他に
おにぎり、サンドイッチ、おつまみ、お菓子、お寿司などが
並んでおりました。
が、ちょっと楽しみにしてた
スープストックのスープとかが無くてがっかり。
どうやら本館の方が充実しているらしく、
プロは本館とサテライトと ハシゴしたりするらしい。
くー まだまだ修行が足りないぜ自分。
今度どこかに行くときは ハシゴしてみたいと思います。
しかし ちと気になったのは
ラウンジに入るときに 受付カウンターみたいなところで
搭乗券とサファイアカードを見せて
「入ってよし」となるんだけど、
私がそれらを出したら おねいさんがおもむろに
手元のコンピューターみたいなのをガシガシいじり出し、
入れてくれるまでに やたら時間がかかったのですが。
私よりちょっと後に入ってきたおじさんは
搭乗券とカードを見せるなり
「はいどうぞ」と入れてもらえており。
もちろんコンピューターとかも全然いじっておらず。
これはあれかしら
私が身分不相応な感じなので
いろいろ確認してたということなのかしら。
知らず知らずに オドオドしていて
乱入者と思われたのかしら。
まあ真相はわかりませんけど。
で、戻りのオークランド空港のニュージーランド航空ラウンジ。
こちらもゆったり&くつろぎの空間。
利用したのが朝だったので、
朝食がふるまわれておりました。
内容は 中級ホテルのコンチネンタルブレックファースト、
てな感じ。
ちなみにこちらに入るときは
チェックイン時にもらったラウンジカードみたいなのを
出しただけで するりと入れてもらえました。
参考までに。
両方のラウンジを使って感じたのは
パソコン開いてないとなんとなく いづらい
ってこと。
まーみなさんやたらパソコンを開いてらっしゃる。
今回 パソコンを持参していなかった私は
まあ 慣れてないのもあるんだろうけど
妙に オドオド&キョロキョロ(観察含む)してしまった
アウェイな感じの ラウンジ体験でありました。
あと感動したのは、預け入れ荷物。
出てくるのが早いのなんの。
イミグレを通って ちょっとトイレに寄ったりして
ターンテーブルのところに行くと
もれなく私の荷物が出てきてるんですわ。
これはかなり時間の短縮になるのではないかと。
行きにしろ 帰りにしろ
その後の行動にかなり差がつきそうよこれは。
今回は利用しなかったけど、
自宅から空港まで
荷物を無料で送れるサービスもあるのよね~
仕事終わりに空港へ直行、みたいな時にいいわよね~
長くなりましたがこんなとこでしょうか。
他に思い出したらまた書きたいと思います。
さて ラウンジのリベンジを果たせるのはいつのことやら。

関連記事

SFC修行終了&総括

SFC修行スタート

デルタのゴールドメダリオン 維持できるかな

大晦日

UA 御中

またワナにはまる

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)