再びタクシーに乗り、通化街へ。
なんでもおいしいマンゴー大福があるっていうもんで。
で、そのお店:佳奇食品に乗り付けて買いましたわー マンゴー大福。

image035
残念ながらまだシーズン前ということで、中の果肉は黄桃だったけどこれはこれでウマー。
むしろマンゴー果肉 だと青臭さが出ちゃうかも?(←強がり)
他の大福にもかなり引かれたけど、今回はひとまずマンゴーのみでしめたいと思います。

 

通化街を後にして信義路をてくてく歩き、目指すは ひところ世界一の高さに認定された台北101
なんでも時間が区切られていて、その時間に定員に達してしまうと上には入れないのだとか。幸いその時点でいちばん早く入れる時間帯はまだ余裕があったので、チケットを購入して高速エレベーター乗車。あっという間に展望台到着。

前・世界一の展望台からの夜景は、100万ドルとはいかず遠くの方は明かりが点々としている感じで、どっちかといえば暗闇の方が大勢をしめてるかも。
ここは天気が良い日の昼間に来るのがよろしそうです。でも眼下に見えた、さっき歩いてきた信義路を走る車は豆粒ほどでいかに高いかをを実感。

image025
こちらが展望台のチケット。
レインボウな感じでかわいい。種類もいくつかあるもよう。

image024
台北101のショップ群の中にあったソニースタイル前にて。(もはや101と関係ない)
台湾ではVAIOの宣伝は金城武がやってるのね。

展望台から降り、台北101を後にして再びタクシー乗車。
度小月へ担好麺を食べにまいります。

image028
今回はエビ巻きも頼んでみました。
エビをユバみたいなもので包んで揚げてるよう。うーんエビ。うまうま。
ちなみに エビ巻きは入り口のところのプチ厨房ではなく、奥の厨房で作られるもよう。

さーどんどん次いきます。担好麺に続きまして、おいしいというウワサのカニおこわを食べようと好記担好麺へ向かったところ、本日の分は終了という悲しいお知らせが。

ので予定を切り上げ、ウワサの台湾式シャンプーをやってもらいにJAAでもらったクーポンブックに載っていたUP 髪藝空間風尚館へ。
早速スタート。 ナゾのシャンプー液をつけただけで水もなしに(?)モコモコモコ、と見る間に泡だってゆくー。もちろん椅子に座ったままです。
一通り洗い上がると、今度はシャンプーを水で流すために洗い場へ移動。
今度は仰向けに寝てざーーーと洗い流します。
トリートメントとかはナシで、再び席についてブローブローブロー。そして終了。
限りなく昭和80年代な仕上がりです。ある意味お見事。
日本の美容室で、乾かしただけで手ぐしで決まるように仕上げてもらっているというのになぜこういうことに。ま、安いし (100元)おもしろかったからいいけど。

※ UP 髪藝空間風尚館 住所:台北市伊通街95号2F 電話:02-2507-7557

 

その後、士林夜市へ移動。いろいろなものをちょこちょこつまんだりゲームをしたり。

image029
夜市エリアでこんな看板を発見。
サエない男子(上)も整形すれば いっぱつでヨン様(下)になれるよ、という乱暴な広告。
台湾でも韓流ブームなんだねえ。あ、ちなみにここの電話番号は0800-777-977らしいです(看板より)。 24時間いつでも受け付けてもらえるらしいです。アナタも気が向いたらレッツヨン様。

で、士林では さっきやってもらったステキなブローのおかげで軽くテンションが下がっていたせいか、早々に退散。ならばと次は茶芸館へ行くことに。夜遅くまでやってるっていうし。

向かったのは石濤園。こちらもJAAのクーポンブックにありまして。
行ってみたらばお客さんは誰もいなくて、オーナーとその仲間たちが店の一角でマージャンらしきものに興じてるところに乗り込んでしまいましたわ。軽くドキドキしたけど無事にお茶も出してもらえましたがね。

image032
お茶一式。
茶梅をサービスしてもらいました。
小1時間くらいまったりしてホテルへ帰還。
これにて初日の予定は終了。

※ 石濤園 住所:台北市延吉街131巷47号 電話:02-2752-1851 (MRT国父紀念館駅近く)

関連記事

何気にけっこうな出発遅延

朝からはりきる

行動開始

出発

最終日

台北ライブ&夜市

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)