てことで タイトル&画像でお察しのとおり
また台北に行く 悪だくみなんぞ。

相変わらず
・潤沢じゃない資金で どうやりくりするか
・しかし行くのは週末メイン
という条件。

ピーチの弾丸スペシャルあたりで行きたいところだけれど、あいにく行けそうな日に空きはなし、だし。

LCCがセールをやったりしても、だいたい対象なのは平日ど真ん中あたりなので
週末がらみで行こうとなると 自ずと経費がかかってしまうことが多いわけで。

と、モヤついていた5月下旬のある日のこと。

スクートから 「梅雨前セール」とかいうお知らせがやってきたよ!

指定されたプロモーションコードを入れると 成田-台北 なら30%オフになっちゃうそうな。

てことで 鼻息荒く、検索したところ
土日は厳しいけれど、金曜がらみなら ちょっとは安く行けそう、ってことで 有給を1日消化することを決意。

片道12,410円のところが8,490円になり、これに座席指定代560円にもろもろの手数料を加えて 1人9,850円で捕獲することに成功。

しかし この値段が適用になったのは往路のみで、復路はセールの対象外なのか割り当て分が無くなったのか、値引きが効かず、の12,000円超え表示。

このままおとなしくこの値段で乗るのはなんとなく悔しい(スクートの復路は早朝だし)。
LCCならせめて往復で15,000円程度で行きたいところ。
2万超えとなると、もうちょい出せばJALとかでも行けちゃうものね~

てことで、他のLCCをあたるも どこもここも同程度か もっと高値という罠。

ここでふと、デルタ&UAの特典のことを思い出し
ダメ元で特典枠を検索したところ
UAの方はお話にならない感じだったものの
デルタの方は チャイナエアラインの枠がわらわら出現。

これまで デルタの台北便の特典を探しても 問題外、みたいな結果を見ることのほうが多かったけど
デルタの台北便が運休になったことで チャイナエアライン便がちゃんと出るようになったのかしら?

いずれにせよ 便もある程度選べる上に 必要マイル数も最低限の片道17,500マイルでいけそう&そしてうまい具合に同行者の中途半端に残っていたマイルがあるというステキ状態。

ま、ここでも 相変わらずのデルタパイセン。
せっかくなら便利な松山空港発の便がいいわよね、ってことで松山便の予約を試みるも いろいろ入力させられた挙句、最後の最後になぜか一番最初の検索画面に飛ばされる、という不思議システムが発動するというパターンを繰り返すこと10数回。
疲れ果てて もしや、と 桃園空港発の便を選択したら あっけなく予約が完了するという 一筋縄ではいかない部分もあったりしつつ。

無事に往復ともに足を確保でき 台北へ行ける運びとなりました。

 

この勢いでホテルも確保。

もはや定宿、の 新仕商務旅店を ちょっとセールになっていたエクスペディアで 8%クーポンを使って 約6,000円(税込/1泊1室)で予約完了。
今まででいちばん安く予約できたかも。(もうそろそろ部屋にフルーツの盛りカゴを届けてくれてもいいのよ?)

 

そんなこんなで
相変わらずの24時間程度の台北滞在&小籠包と豆花ばっかり食す感じになると思われますが
それでいい それがいい。

決行は今週末!早く行きたい!

 

関連記事

ネチネチとおさらいしてみる

無事に帰国

#chinaairlines#結局到着便遅れでまだ出発時間決まらず#いつ帰れるの

#taipeitotokyo#chinaairlines

#chinaairlineslounge

#台鐡便當 #taipeistationbento

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)