ハワイ滞在も終盤にきて まさかのハリケーンとニアミスという事態におののきつつ、そして日本を襲った台風の影響も受けつつ、で わちゃくちゃしながら なんとか帰国いたしました。
そのあたりの一部始終をまとめてまいります(長いです)。

 

8月21日(現地時間・以下全て)から ホテルのロビーにハリケーン情報が掲示されるように。それで初めて ハリケーンが近づいてきていることを知った私たち。
情報は数時間毎に更新され、こちらは8月22日夜にチェックしたものです。

 

8月22日。日中から緊急地震速報みたいな警報がちょこちょこスマホに入ってくるように。
といいつつ 天気もピカピカで「本当にハリケーンは来てるのかな?」といった雰囲気だったのだけど、夕方ぐらいから 突如強い風が吹いてきたりして あーこれは近づいてきているのかも と実感することに。
でも翌日の23日の午前中にはホノルルを出発することになっているので なんとか逃げ切れそう、と 踏んでいたのです。

そんな矢先、スクートからメールが届いていることに気付き 見れば翌日(23日)の帰国便の出発時刻が 11:00から21:45に変更になるという衝撃的なお知らせが。
そういや 「台風が西日本を直撃」的なニュースがあったけど それでどうやら関空発のスクートが 台風をやり過ごした後に出発するゆえ ホノルルへの到着も遅れ、芋づる式に 日本へ折り返す便も遅れるということを理解。
とっさに 帰国日程に余裕を持っていたこともあって「やったーハワイ滞在が伸びるー」とほくそ笑んだのも束の間、そうなると 今度は遅くなればなるほどオアフ方面にハリケーンが近づいてきちゃうじゃない! これ無事に帰れるの? と なんともいえぬ微妙な状況に。

 

とりあえず スクートの帰国便が時刻変更後の予定通り(21:45)に出発する前提で 予め入れてあった 空港までのチャーリーズタクシーの予約時間を 一応余裕をもって18:00に変更することに。
日本語が通じる番号に電話をかけ、わけを話して無事に変更終了。
ただし、ハリケーンの状況次第では運転手を派遣できない可能性があることを了承する旨の条件付きです。
電話終了後まもなく 変更後の時間が入った予約確認メールも改めて届きまして。
仕事が早いわチャーリーズタクシー。

 

さて、ワイキキ出発予定を変更したのはいいけれど、ハリケーンの影響で天気も荒れてくるだろうから屋外での待機は危険かも ということで 出発まで無事に待機できるよう ホテルのチェックアウト時間を遅らせることを検討。
フロントにちょうど 日本人以上に流暢な日本語を話すフロントマンの人がいたのでレイトチェックアウトが可能か相談してみたところ
・追加料金でレイトチェックアウト可能
・基本12:00チェックアウトのところ、13:00までなら無料で延長できる
・ハリケーンは23日よりも その翌日(24日)の方がヤマのようなので 23日はまだそんなに心配いらない
などの情報を教えてもらえたので、13:00までだけ延長してもらうことに。
このフロントマンの人の存在がどれだけ心強かったことか。その意味でも今回レイロウで良かったわーと思う次第。他のホテルでもそれなりにケアしてもらえたことと思いますが。

 

とりあえず 帰国日の方向性も定まったことで ちょっと安心して部屋に戻ると、ベッドの上にお知らせとサイリウムが。

・いざとなったら廊下に避難(窓がないので安全)
・ラナイのドアは鍵をかけカーテンを閉めて絶対に外に出ないように
・ラナイのテーブル類は後で片付けます&私物も置かないように
・火気厳禁
・嵐の間のハウスキーピングは最低限とします
・ルームサービスやプール、フィットネスセンターもクローズ
・食料他必要なものは各自あらかじめ確保しておくように
といった具合に、ハリケーン襲来にあたってのホテルの対応や注意事項などが書かれておりました。

 

テレビをチェックすると すでにハリケーンが接近してきているハワイ島では洪水のような被害が出ている所もあるようで、オアフ界隈でも ハリケーン来襲に備えてスーパーで水や食料などを買込む人々などがニュースに。
天気図にも なんだかグルグルしているのが見てとれます。

 

ハワイでもご多聞にもれず こういう時のニュースでは海沿いからの中継をするようで。
そして 「海ではここぞとばかりにビッグウェーブ狙いの人々多数」的な いかにもハワイらしい報告も。

 

明けて23日。
ホテルの人が部屋にやってきて、予告通りラナイの椅子やテーブルを室内に避難させていきました。

 

通常は ゆりかごやチェア類、大きな鉢植えなどがずらりと並んでいる ホテルのプールも すべて避難済で がらんとしております。ロビーなども同様。
ハワイのホテルって 入口~ロビーが 開放的な造りになっているところが多いから、こういう時は大変よね~ 単純に「入口を頑丈に閉めればいい」ってわけにはいかないものね~

 

そんなわけで お昼過ぎまで のんびりパッキングをしつつ ゆっくり過ごしたのち、部屋をチェックアウト。天気もまだ大ごとにはなっていないようなので ランチを食べたりしつつ 辺りの様子を探りに出かけます。

 

頼みのABCストアも 16:00で閉店するとのこと。

 

インタマのフードホール・THE STREET は この日は潔く終日閉店の様子。
直訳風の日本語に緊急っぷりを感じます。

 

こちらのスタバも 土嚢を積んで早々に店じまい。
でもなぜか隣のジャンバジュースは絶賛営業中でありました。
じわじわと 飲食店難民が出始めてきております。

 

カラカウア通りも 嵐の前の静けさ といったところですかね。なんとなく異様な雰囲気。
行きかう人々の会話などから
・THE BUS は 18:00までしか動かないらしい
・アラモアナも 18:00(確か)までらしい
などという情報が 入ってまいります。
ロイヤルハワイアンS.C.のお店もだいたい終日閉店で、フードコートもお昼過ぎまでで 随時早じまいしている様子。さすがのDFSも早じまいするという話でありました。

そして、よりによってABCストアが閉店してしまった16:00過ぎに「もしかして空港のお店も閉まっているかもしれないから 飛行機に乗る前用の食料を予め調達しておいた方がいいのかも?」ということに気付く うっかりしすぎなわたくしたち。
でもABCストアは閉店済み、ちょっとした食料が手に入りそうな店も軒並み閉店しているし… と そこで ホテルのペストリーショップあたりは開いているのでは?と狙いを定め ビーチ沿いのステキホテル界隈へ。
とりあえずシェラトンから攻めてみたところ、ホテル内にローソン発見。
これがあったかー なんせ泊まり慣れてないから 思いつかなかったわー!
で、ローソンがあったのはいいけれど 考えることは皆同じ。食料などを買込む人々で店内は大混雑。レジ待ちの列も店内をぐるりと巡っていて 並びながら品物を捕獲していくような状況で レジにたどり着くまでには30分以上はかかったかと。
でも社員みたいな人まで総動員で対応していたようで「ABCストアの分もウチが!(いろんな意味で!)」みたいな感じで すごく頑張っていたように見受けられましたわよ。

 

お弁当類やおにぎり、カップ麺などはすでに品薄になっていたけれど 辛うじてパンやサンドイッチなどとドリンク類を確保できまして。このパン類がまた 昨年もお目にかかったワタナベベーカリーのもので サンドイッチのパンも適度にしっとりしていて具材もたっぷり、菓子パン類もシンプルで美味しかったのが思わぬ発見でありました。

 

そんなさ中 再びスクートからメールが。
再度 出発時間が変更で 23:00になるとのこと。
でももう何があるかわからないので タクシー予約もジタバタ変更はせず 予定通り空港へ向かうことにいたします。

 

こうして 18:00にチャーリーズタクシーにピックアップしてもらって空港へ。
ご覧のとおり道中も不穏な天気模様ですが 雨は時折パラつく程度で、時々風が吹き付ける、といった具合。
途中 急いで詰所に戻ると思われるTHE BUSを何台か見かけたり。
みなさん 不要不急の外出は避けていると見えて 道路も空いてるものだから 空港へもあっという間に到着です。

スクートカウンターでは 既にチェックインを待つ人々で けっこうな列ができており、最後尾へ。
こういう時だからか、受付開始も出発3時間前といわず ちょい早めだったようです。
こうして 小一時間程度かかったか 手荷物検査などを経て制限エリアへ。

 

この通り 空港免税店も終日閉店だったようで。
他のショップも軒並み閉店していたようだけど、飲み物やお菓子なども扱うブックストアとバーガーキングなどがあるフードコートとスタバは開いていてくれました。
ま、だいたい準備していくとこうなのよねー
フードコートが開いていたのはいいけれど みなさんが殺到して思いっきり長蛇の列。
1時間ほど並んだか やっとの思いでワッパーなどを確保し ワタナベベーカリーのパン類とともに晩御飯です。
ちなみにスクート便とほぼ同じ状況だったと思われる関空行きのJAL便では ミールクーポンが配られていたようでーす。

 

そうこうするうちに ついに搭乗開始のアナウンスが夜のホノルル空港に響きます。
この時間に出発をする便は もはや スクートとJAL、そして画像のハワイアン(確か本土行き)が残っているだけのようでありました。
だからなのか、場末ゲートまでの電気代が勿体ないと考えたのかは不明だけれど スクートも晴れて出発ゲートがハワイアンのお隣となり こんな形跡↓が。

スクート便 ホノルル空港ゲート移動の跡
(おそらく場末ゲートから中心部ゲートへの移動分と思われます)

ご丁寧にこんなのは残しているのに、肝心のメインの記録(ホノルル→関空)がごっそり消えていたりする不思議なFlightwareです。無料だから仕方ないのかしらね。いい記念になると思ったのに。

 

こうしてほぼ12時間遅れで関空へ向けて出発したスクート便。
まさかこんなことになるとは思いもせず「戻り便は昼間で時間も長めだし 話のタネに頼んでおこう」とオーダーしておいたのです機内食を。
夜の出発で ただただ眠い中、ふいに起こされて半分寝ながら食べたわよ~

ビーフシチューとマッシュドポテト

 

フジッリパスタのトマトクリームソース

 

ハワイアンバーベキューチキン

パスタはもうちょいソースが欲しい、という感じではありましたが 総じてまあまあいけました。

後はもうひたすら寝ていたので 着陸時のゴン、という振動で目が覚めたような状態で 午前3時過ぎに関空到着。
出発も夜。飛んでも飛んでも夜。到着しても夜。という ひたすら夜にまみれたフライトではありましたが、もうこうなってくると 無事に飛んでくれただけでもよしとしましょう、という心境ね。

交通機関が動き出すまでしばし待機したのち、バス&地下鉄御堂筋線で新大阪へ移動し 新幹線と在来線を乗り継いで 帰宅したのでありました。朝なので 主要なお店も当然開いていないため 大阪グルメもまたの機会とすることに。
こうなると 帰りにUSJに寄ったりするような無茶なプランにしてなくて良かった と思うばかりよ。

 

ちなみに 楽天トラベルからもホテルを予約していたということで ハリケーン対応のメールが届いておりました。けっこうちゃんとしてるのね~と思ったり。

 

こんな具合で 最後の最後にまさかの事態があったものの、久々の長めハワイを楽しんできたのでありました。
あとは追加があり次第 記事にすることとして、ひとまず まとめを終えたいと思います。
ディズニーワールドネタの続きもまとめないとね~!


関連記事

帰国便遅延でウルフギャングダメ押しランチ [18HI3_18]

スーパーマーケットめぐり [18HI3_17]

Chuck’s Cellarで肉&シーフードを食らう [18HI3_16]

シナボン×チーズケーキファクトリー &おやついろいろ [18HI3_15]

カイルアDAY・PRIMAで美味しいピザ [18HI3_14]

カイルアDAY・ブーキモとビーチとBEE&TEA [18HI3_13]

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)