モヤさまでも紹介されていて ワイキキにも店舗ができちゃって 行きたいと思いつつも タイミングが合わずに 行けていなかった Banan 。

この度、ついに行くことができましたー。

 

 

カラカウア通りからビーチへ抜けるこの小道。アウトリガーワイキキとロイヤルハワイアンセンターの間、サーフボードが並ぶ画的にもステキスポットでお馴染みですが よくぞここに出店スペースがあったわね! と感心しきり。

 

ちなみにこちらの画像、ほぼ同じ場所を2014年5月に撮影したものですが
まさかここにお店ができるとは この時は夢にも思わず。
でも 右手の壁の厚み具合を見るに 確かにフードトラック程度のスペースは確保できそうな感じはするわね。

 

あの分厚い壁(柱?)を ぶち抜いたのでしょうか。こんな感じでいい具合にショップスペースに。

 

ローカルの材料を使用していること、乳製品は使っていないことなど、いろいろなこだわりが述べられています。

 

メニューの一部。アイスの種類やトッピングなど、一から組み立てることもできるけれど、お手軽に美味しい組み合わせも提案されているので 今回はこちらから選ぶことに。

 

まずは基本のところで No.1の「オリジナル」をボウルでチョイス。( $12)
バナナのソフトクリームに パパイヤ、パイナップル、イチゴ、キヌアパフ、ココナツ、ハチミツがトッピングされております。

 

そしてもう一つ。プロサーファーの名がついた No.3の「リス・モア」をパパイヤボートで。( $10)
こちらは バナナとアサイーのソフトクリームのミックスに パパイヤ、パイナップル、イチゴ、グラノーラ、キヌアパフ、ココナツ、ハチミツがトッピング。

 

別角度からの リス・モア パパイヤボート
パパイヤは安定感がないのでテーブルに置けず 手で持たざるをえないのです。

 

画的にもかわいいのはもちろんのこと、食べても美味しくてびっくり。アイスはさっぱりしていて自然な甘さだけれど 素材の味はしっかりしているし、果物は完熟で 特にパパイヤはもうとろけるほどでありました。
あとサクサクですごく気に入ったのがキヌアパフ。こんな食べ方があるのね、と目から鱗だったのだけど もうこれ有名なのね。クックパッドあたりで フライパンで炒るのだというレシピがいっぱい出てきたわー

実は 画ヅラはいいけれど 実際のところはどうなのよ、と ちょっと疑っていたところもあったりして。モヤさまで行ったのもステマなんじゃない、なんて。が、見事に裏切られましたー。10ドル前後するから アイスにこれは、と 思ってしまうところもあるけれど、 このクオリティならむしろお値打ちなんじゃないかとまでに。

やっぱり百聞は一見にしかず、ということですかね。

ロケーションは言うことないし、またきっと食べにきてしまうなこれは。

 


関連記事

買い物関係他もろもろ&帰国の途 [18HI2_13]

ワイワイ騒いで食べて飲む・The Brilliant Ox [18HI2_12]

マラサダ界のANA? Pipeline Bakeshop & Creamary [18HI2_11]

Koa Cafe で 大満足朝ごはん [18HI2_9]

カカアコウォールアート [18HI2_8]

MOKU KITCHENで美味しいランチ [18HI2_7]

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)