いや実は 10月のラスベガス旅のところでの日程で スクートで行く台北旅を計画していたのです。

そんなに大々的なセールなどで安かったわけでもなく、まあただ夏の疲れでも取りましょうか という程度で 土日でサクっと行ってこようかと。
それが アメリカン航空のセールに乗っかったために 変更を余儀なくされまして。
しかも そんなことになるとも思っていないわけで 当然変更のきかない最安料金で予約しているわけです。
キャンセルをして返金になったりするサービスもあるようだけど なんとなくキャンセルはしたくない。

ということで 日程の変更をいたしました。

もろもろの料金の明細はこんな感じ(すべて1人あたりの金額)。

◆当初の予約分の料金(手数料、座席指定代込み)24,226円

変更後の料金    26,016円
座席指定料金(往復)  1,120円
手数料         1,600円
変更手数料         9,600円
◆変更後計     38,336円

変更前の料金と 変更後の料金の計との差額、14,110円 を 追加で支払って手続き完了。

もうだんだんおかしくなって こんな形となったけれど、座席指定料金が新たに発生するところと 手数料に変更手数料って なんか二重払いみたいじゃないか? ってところが若干腑に落ちないけれど 向こうには向こうの言い分があるんでしょうよ。これぞLCCの醍醐味ってことで(な、泣いてないもん)。
まー高い授業料を払ったと思うしかありませぬ。

で、その変更後の台北計画の実行日が今週末だったりするのです。

スクートの台北線の時刻は ご存知のとおり、成田を昼頃に出発して夕方に桃園空港着、そして現地を朝の6時台に出発してお昼前に成田に到着するパターンでございます。
1泊2日で行ってこようとすると 24時間以内に成田から台北へ行き、そして再び成田へ戻ってくるということになるわけで。
しかも 早朝に現地を出発するため ホテルはもう泊まらなくてよくない? ということになり 実質0泊2日となるわけです。前にも決行した スクートで行く台北0泊2日の旅再び、です。

年内最後の忘年旅、ということで 短いけれど満喫してきますわよ。


関連記事

深夜の飲茶タイム・吉星港式飲茶 そして早朝便帰国 [17TPE3_4]

台北駅地下街-忠將葱抓餅-豆花荘 [17TPE3_3]

中山-寧夏夜市-古早味豆花 [17TPE3_2]

成田-桃園-鼎泰豊 [17TPE3_1]

#成田空港 到着

#スクート #台北桃園空港発成田行き

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)