楽しいラスベガスの日々もあっという間、早くも帰国の途でございます。

朝の7:00頃に出発する飛行機に乗るため、4:30にホテルをチェックアウトし、タクシーで空港へ。

 

毎度おなじみ、ラスベガス空港のシナボン。
今回もまた シナモンのかほりに癒されるのであります。

 

こちらは シナボンにて、朝食メニューにあった グリルドチーズパニーニ なるものを注文。
通常のシナボン生地を パニーニ扱いで軽くプレスしつつ焼いたもののようです。
やっぱり シナボンではシナモンロールを食べるべきでは、という結論に。餅は餅屋。

 

まだ夜も明けぬ中、まずはダラスフォートワース行きに乗り込みます。

 

3時間弱のフライトで すっかり青空のダラスフォートワースに到着。
見渡す限りの アメリカン航空機に 心が躍ります。

 

成田行きの便が待つゲートまで モノレールで移動。
けっこうなスピードを出しつつ、そしてけっこうな揺れ。

 

成田行きのゲートのすぐ近くに アメリカンのラウンジがあったため、搭乗まで30分程度ながら果敢に潜入です。
明るく広々、で ゆったり落ち着く空間。

 

軽食も用意されており、スープ類にクッキー類などが並んでおります。

 

野菜スティック、チーズ、果物類なども。

コーヒー&紅茶類とお水はフリーで、他の飲み物はバーで注文するシステム。
入口でドリンクチケットをもらったものの 時間が無くて使えずじまいでありました。

 

そして慌ただしくラウンジを後にして 成田行きに搭乗です。
離陸後に広がる ダラスの風景。
滞在はしていないので 思うところもあまりないのだけれど、あちこちに見える丸い部分が気になりつつ。畑なの?

 

ほどなくして提供された1回目の機内食その1。
メインはテリヤキビーフ的な一品。

 

1回目機内食その2。
こちらのメインはチキン。
(多分)ダラスで蕎麦が茹でられているのかと思うと感慨深いものがあります。出来は別として。

 

オヤツの時間に配られたのはこんな感じ。
ハムとピリ辛のソースが挟まった パニーニっぽいサンドイッチとスナック、塩キャラメルのアイス。
アイスが登場すると なんともありがたみを感じてしまうのはなぜかしら。

 

到着前の機内食その1。
朝ごはん扱いらしく、ベーコンエッグマフィンと果物。

 

機内食その2。
こちらは フライドライスです。
上に載っている クワイと青菜と人参などを和えたものは 1回目の機内食(ビーフ)に添えられていたものと同じよねきっと。

 

こうしてほぼ定刻通りに 無事に成田へ到着いたしまして
あっという間の2泊4日ラスベガス旅が終了したのでありました。

ちなみに今回のカジノ(スロット)の成績は
初日に これまでにないほどに負けがこんで(しかも短時間で) かなりどんよりしたのでありますが、2日目の半ばから ようやく風向きが良くなって前日の負けを回収してプラマイゼロに。
その後 しばし一進一退を繰り返しつつ 楽しく遊んで、最終的に トータルでマイナス70ドルほど という結果でありました。ま、マイナスだけれど 終盤 調子が良かったので、ダメージは少ないのです。
大勝ちした時のために 税金をアメリカと日本 どちらに納めればいいのか、とか 事前にちょっと調べていたのだけど、まったく必要なかったというね~ うまくはいかぬものです。

で、THE LINQのカジノってすごいのねー 払い戻しもATMでできてしまいました。
マシンから出てきた払い戻し用チケットをATMに入れるだけで その分の現金が出てくるのよー
まあ 大勝ちしたらATMじゃ済まないんだろうけど!
従来の 柵がついたような払い戻し窓口もちゃんとありましたー。

 

ということで
このへんで 2泊4日ラスベガス旅のまとめを ひとまず終えたいと思います。
例によって 追加ネタは 随時記事にしていきまーす。

 


関連記事

買い物関係いろいろ [17LV_12]

IN-N-OUT Burger がやってきたー! [17LV_11]

ハロウィンの風景 [17LV_10]

ロブスター満喫・LOBSTER ME [17LV_9]

魅惑のクマアイス・Recess Italian Ice Desserts [17LV_8]

食事からオヤツまでいろいろワッフル・BRUXIE [17LV_7]

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)