今回の宿は 場所良し、お値段もまあまあ、の Row NYCこんな感じで予約 しております。

1階入口から入り、2階のロビーへ上がってチェックイン。
今回はエクスペディアからの予約なのでおそらく不可だったと思われますが、直接の予約だと オンラインチェックインができるようで 専用のマシンも用意されておりました。
けっこう フロントが混み合っていて チェックインの順番が来るまで時間がかかったので、オンラインチェックインの線もアリかも。

ようやくチェックインを済ませ、お部屋へ移動です。
客室階へのエレベーター利用は、カードキーをかざすと 数台ある中から 乗るべきエレベーターを指定されるという、合理的な感じのシステム。
で、お部屋は 感謝祭NYの旅のときと 似た風景になりますが、今回の方がベッド2つでちょい広い部屋です。

 

シンプルなお部屋にポップさが相まって NY感も高まるってもんです。

 

ベッドと反対側の壁には デスク&壁掛けテレビ(LG製)に 物入れ兼荷物置き。
前も思ったけど ほんとに この物入れ兼荷物置きはいいアイデアだわ~ 移動の手間も省けて使い勝手もなかなか良いしね~

 

ウォーターボトル的なやつがこちらにも用意されております。
どうも この手のパックを見ると カプリソーネを思い出すんですが。
もはや これがないと「エコじゃない」とか 意識高い人たちに 批判されたりしてしまうのかもね~

 

コンパクトにまとまったバスルーム。清潔感あふれております。

 

浅めながら バスタブもありました。

 

部屋からの眺め。遠くにハドソン川も見えて いい雰囲気です。

 

各階の壁に こんな感じで それぞれNYチックなアートが施されていて楽しいのです。

 

別の階ではこんな感じ。

 

ロビー階では 突如こんな感じで ソウルサイクル的なのが始まったり、はたまたライブが行われていたりするときもあったり、と なんだかいろいろ自由。
フードコートも併設されたし、宿泊以外でもお客を呼び込む仕組みを いろいろ作っているのかしらね。
しかし こんなにいろんな人の目にさらされる中でエクササイズできるなんて、よほど自信がないとよね~ 確かに真ん中のおねいちゃんとか いい背中してるもの。

 

ちなみに、チェックイン時にメールアドレスを登録したことで チェックアウトはオンラインでできるように。チェックアウト日に合わせて明細が記載されたメールが届き、それに返答する形でOK。
もしくは フロント付近にあるボックスにカードキーを入れておくエキスプレスチェックアウトも可でした。

ただでさえ場所が良いのに まあまあお値打ちで フードコートも併設されて お向かいには SHAKE SHACK もあるわ、で ますます便利っぷりが際立つ Row NYC。このままNYの定宿になってしまうのか!?

 


関連記事

帰国の途~別れられないデルタ~ [16NY_12]

街歩きやらスーパーやら [16NY_11]

ラテンのかほりステーキ店・K Rico [16NY_10]

ペンステーションそばのオシャレフードホール・THE PENNSY [16NY_9]

インスタ映え必至の派手シェイク・BLACK TAP [16NY_8]

ブルックリンビレッジウォーキング [16NY_7]

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)