いよいよ NY旅も大詰め。
適当なところで ホテルをチェックアウトし、ポーターに荷物を預けて再び散策へ。

あちこちのお店の様子をのぞきつつ、欲しいものを買ったりしつつ うっすら観光しつつ していると あっという間に時間が過ぎてゆきます。

てことで あまり時間もなく、そして前日にフィーバーしすぎて さすがに胃が重いのでこの日の食は簡単に。
本当は 行きたいハンバーガーのお店とか あったのだけど、とてもそこまで回りませんでしたわ。


飛び込みで入ったので もはや名前は覚えていないカフェで朝ごはん。
注文してから 作ってくれる形式。


休憩がてら 偶然見つけた Earl of Ssandwichで ツナチーズサンド。
前に ラスベガスでもこのお店に行ったのだけど(ネタ掲載はまだですが)、なんでもサンドイッチの生みの親と言われる サンドイッチ伯爵の子孫が一枚噛んでいるんだとか。


こうして 夕暮れ時を迎える頃、ホテルで荷物をピックアップして 前日降り立ったばかりのJFK空港へタクシーで再び。
アメリカン航空のラウンジでは 水と簡単なスナック程度しか用意されておらず、ちょっとした飲み物や食べ物はバーで頼むシステム(有料)。入り口でドリンク無料券をもらったので バーで使ってみたところ 最初は感じ悪かったのに、チップを出した途端に ものすごく対応が変わるというね。金なんですね 世の中。

そうこうするうちに搭乗の時間が。
楽しかったよNY また来るぜ!と 別れを惜しみつつ機内へ。
余談ですが
行きの飛行機に乗っていた日本人のCAの人が 搭乗ゲートのところで応対をしていたので、「前日まで長時間フライトだったってのに 今日は地上職的な仕事もさせられてるのね やっぱり外資系は人使いが荒いのかしら」と勝手に思っていたら、なんとそのまま同じ便に客室乗務員としてまた乗務していて脱帽。どんなパターンなの!体力勝負にもほどがあるわ!日本ではゆっくり休めることを祈ります。


1回目の機内食。チキンバージョン。
やたらとニンジン。
カニカマのにぎり(左上)が斬新。こうきたか。


1回目の機内食その2。ビーフバージョン。
ビーフと野菜を中華風に仕上げた感じ。


フライト半ばごろに出された サンドイッチとお菓子のボックス


到着前の機内食。ピザです。
これでいい。これがいい。
選択肢がもう1つあったのだけど ピザしか眼中に無く もはや覚えておりません。

こうして
往路同様、復路も食事の時間以外はほぼ爆睡しているうちに あっという間に羽田に到着。
空港からもスムーズに脱出することができ、終電も逃すことなく無事に帰宅したのでありました。

さすがに 翌日は半分意識が無く。
1日休みを残しておいて正解だったわ~

関連記事

おみやげいろいろ [12NY_13]

Duane Readeがたまらない [12NY_12]

クリスマス装飾 [12NY_10]

ミッドナイトマッドネス [12NY_9]

感謝祭ディナー本番・DB BISTRO [12NY_8]

感謝祭の風景 [12NY_7]

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)