2012年、夏。 (←長嶋三奈風味で)
勢い余って
個人でカプリ島へ乗り込むことに決めたわけですが
調べると
カプリ島へ上陸するのは
地味に面倒くさそうなことが判明。
ローマからカプリ島へのルートは
主に公共交通機関を使うと
 ローマ→ナポリ中央駅(電車)
 ナポリ中央駅→カプリ島への船が出る港
 (トラムかぼったくりタクシー)
 港→カプリ島(船 ※酔うらしい)
というのが 一般的なもよう。
しかも 間に
楽しそうな反面、
やらかしそうな雰囲気No.1の街・ナポリ
を 挟むのがこらまた。
ナポリを検索していると
もれなく
「スリ」「ぼったくり」というワードがついてくる、
といっても過言ではなく。
ま、ローマだけでも十分関連ワードなわけですが。
そんなわけで
カプリ島への道は
容易ではないことが窺い知れるってもんです。
そこをなんとか乗り越えて
楽しい旅とするためにも
いちばん安定していそうな電車関係だけでも
押さえておきましょう、ってことで
ローマ-ナポリ間の電車を予約しておくことに。
もちろん、
当日に駅で切符を購入して乗り込んでもいいのだけど
この時期 わりと混んでいたりするらしいので
事前に確保しておいて スムーズにいきたいところ。
で、
イタリアの電車関係を調べていたら
フェラーリの会長が立ち上げた
Itaroなる オサレ高速列車が
4月から走っているらしいことがわかり
もう俄然 乗りたいモード が高まりまして~
しかしながら
往路の電車の時間が Italoはちと良くなかったため
 ローマ→ナポリ:イタリア国鉄
 ナポリ→ローマ:Italo
を 利用することに。
それぞれHPより直接予約をし、
その場で乗車券もプリントアウト完了。
確認メイルもすぐに届いてとても安心でございまーす
ちなみに
往路のイタリア国鉄の方は
2等車のエコノミー料金で@29ユーロ
(最安のスーパーエコノミーは売切の為やむを得ず)、
復路のItaloは
最安の「smart」料金で@20ユーロ。
ナポリで いろんな意味で疲労困憊の予感なので
電車だけでも ゆっくりできそうでよかったわ~
Italo_train_step1
ItaloのHPより)

関連記事

調理実習

また食べたいイタリアン

フランクフルトで

さよならイタリア

夏のオアシス

フォトジェニックカプリ

コメント

  1. 旅好き子

    こんにちわー。なんかAKさん凄いですね~!さすが旅慣れてると言うか、物知りですね~!わたしなんて考えるの面倒になってツアーにしたり、結局中断したりしちゃいます[E:sleepy]
    ハワイに行くにも毎回ノープランです[E:bearing]私ももっとアクティブに行動しなきゃあダメだな~と毎回AKさんのブログ読んで思います!!!
    青の洞窟楽しんできてくださいね~!

  2. Mana

    おおっ!そのような段階まで進んでいたのですね~[E:shine]
    私もモンサンミッシェルまではTGVをネットで手配して、TGV&バスで行ってきましたよー[E:bullettrain]
    でも、TGVで行くモンサンの個人手配って結構ネットでも見つかったのですが、さすがにカプリ島へ個人的に行かれる方は初めて聞きました[E:ear] ホント、素晴らしいです~。
    こりゃ、カプレーゼ食べてくるしかないですねw←目的、そこじゃないしw
    私のハワイももうすぐ[E:sun]
    楽しみすぎるーーーっ[E:happy01]

  3. ak

    > 旅好き子さん
    できることならツアーで行きたかったですが
    日帰りツアーばっかりなんですよね〜
    だから止むを得ず…
    基本 「元を取りたい」が根底にあるので
    私はいろいろ詰め込んじゃいますが
    旅好き子さんは旅好き子さんの旅スタイルで
    どうぞ楽しんでくださいませ〜
    > Manaさん
    モンサンミッシェルはTGVだったんですね
    それもまたステキだわ〜
    こうなったらもちのろんカプレーゼも食べちゃって〜
    ナポリでのイタリア人との対決(?) 頑張りまっすー
    ハワイ もうすぐなのねー
    やっぱりハワイは楽しいわよねん〜

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)