たった1日の出来事を
ズルズル引っ張り 3話目であります。
鹿児島で黒豚白熊を堪能した後は
いよいよ高松へ向かいます。
高松行きの飛行機は
うすうす予想していた通りで。
Kt008
搭乗ゲートをくぐったら バスで乗り場へ。
ウルトラクイズのグアム到着時 のような
タラップが設置され、飛行機に乗り込みます。
座席も 1席-通路-2席 といった配置が
10列ほどと こじんまり。
CAのおねいさんも1人だけであります。
プロペラが ウォンウォン とうなりをあげて
いよいよ離陸。
なんとなく
グランドキャニオン観光の飛行機 を想像してしまう。
乗ってて実感しました。
「大きい飛行機って安定してるんだ」、と。
さながら遊覧飛行気分で高松に到着。
高松でも タラップで地上に降り、
歩いて空港ビルへ。
やっぱり降りる時の方が
ウルトラクイズ気分が上がるねぇ。
当初、空港近くのうどん屋に行くことを検討していたものの、
時間があまりないのと
目当ての うどん屋の開店時間が合わない
などの理由により、
空港を満喫することに。
なんせ うどんの国・香川
空港にも2件のうどん屋があるしね~
てことでまずは さぬき麺業 空港店
Kt009
さっぱり 生じょうゆうどん、そして おでん。
くー やっぱり本場はいいねえ。
若干 ヘンな時間のせいか
麺のコシが失われてるような気がしないでもないけど
ちっちゃいことは気にすんな、ってことで。
(↑ワカチコ)
おでんの大根も染みてておいしいぜー
羽田へ戻る便に乗り込む直前に
かな泉 空港店 にて
Kt010
海鮮かき揚げぶっかけ
そして
Kt011
カレーうどん
さすがに 胃が重くなってるので
食欲をそそる感じのものでなんとか、ってことです。
(無理に食べなきゃいいわけだが)
箸袋の 獏山先生風 かな泉 が そそる。
麺はグニグニ風かな?
海鮮かき揚げは その名のとおり
海鮮たっぷりで おいしいんだけど
この胃袋状態には けっこうヘビィよ。
空腹時に出会いたかったわ。
こうして
満腹の胃袋とともに
再び搭乗ゲートをくぐり 一路羽田へ。
この 高松-羽田便は
唯一 確保できてた クラスJ座席 で
あーラク~~ と思ってたら
あっという間に到着。
こうして 国内修行 夏の部
無事に終了したのでありました。
もうー 今回は黒豚につきます。
ほんとにほんとに おいしかったー
ああ あぢもり のランチメニュウ 全部制覇したい。
カツカレー とか チーズかつ とか。
豚しゃぶも食べたいし。
食欲 とまらず。

関連記事

粉とダシとソースとキャベツ

とびきりナウなアイツ

さよなら沖縄

明日は

満腹中枢を麻痺させて その2

満腹中枢を麻痺させて その1

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)