なんだかボケボケしてる間に
かなり時が過ぎてしまいましたが
前回の続きでございます。
黒豚まつりで 身も心も満たされた私達は
デザートを食べるべく、
あぢもり から ほど近い
天文館 むじゃき に到着。
もちのろん 本場の白熊 ですわよ~ 奥様。
むじゃき本店ビルには
喫茶や中華など いろいろなお店が入っているものの
全てむじゃきの経営だそうで
どこの店でも白熊は食べられるらしいが
確か2階がよいと聞いたような….ってことで
2階へゴー。
Kt005
ビルの前には やはり白熊↑が。
(今 この画像で気づいたが 白熊「のみ」注文の場合は
6階(5階?)へ、と書いてあるわね….)
メニュウを見て初めて知ったけど
同じ白熊でも チョコレート白熊やら
ヨーグルト白熊やら いろいろあるのね。
変化球モノも気になるものの、
やはり最初は基本の白熊を食べておきたい、ってことで
Kt006
白熊 ドーン。
氷がフワフワで 口の中ですぐに溶けてゆく~
始めは調子良く食べてたものの、
終盤は練乳の濃厚さに若干やられたりもしつつ。
おいしかったですがね。
こうして 鹿児島グルメをサクッと味わって
再び空港へ。
しかしこれだけでは鹿児島は終わらない。
さすが 日本有数の温泉地、鹿児島。
空港内に足湯がある、って聞いたからには
入らないわけにはいきませぬ。
Kt007
うへー ちょー気持ちいいぜー
早朝からバタバタ動き回った疲れが
一気に取れるかのよう。
足湯に浸かって 5分ほどで
顔までポカポカしてきたのは
外気が暑かったから、な だけではないはずだ。
しばしなごんだ後、
後ろ髪引かれる思いで 足湯から退散。
高松行きの飛行機の時間が迫っております。
空港の売店で
イカす 皆既日食Tシャツ↓ や
Kaikit
屋久杉グッズ、黒酢モノなどに引っかかりつつ
搭乗ゲートへ。
またまた次回へ続きます。

関連記事

粉とダシとソースとキャベツ

とびきりナウなアイツ

さよなら沖縄

明日は

満腹中枢を麻痺させて その2

満腹中枢を麻痺させて その1

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)