ネタにあわせて それっぽいタイトルにしてみました。
4月に修行をしたときの話を蔵出しでございます。
沖縄で軽く観光したときのこと。
首里城に行こう、ってことで
ゆいレールを使って首里駅へ。
駅を出て 城まで バスに乗ろうとキョロキョロしてると
早速タクシーの運ちゃんが
「首里城まで?500円で行くよー」
と 声をかけてきた。
バス停がよくわからない&バスの時間もよくわからない
のに加え、なんせ滞在時間が短いもんで
その話にのることに。
車中で 運ちゃんが早速営業開始。
 運ちゃん(以下「運」):今日来たの?
 私たち(以下「私」):そうですー
 運:すごいきれいなサンゴ礁を見に連れてってあげるよ
   ホテルはどこに泊まるの?
 私:…….ええと…ないです(意味不明)…….
 運:ないの?言いたくない?
 私:というか…今日帰るので…
 運:へ?今日来たんだよね?
 私:日帰りなんですー
 運:日帰り!?
 (まさかの日帰りに運ちゃん絶句)
 私:日帰り(にして)でも来たかったんですよー
 運:(気を取り直して)じゃ、帰りの飛行機は何時?
 私:えーと 夜7時頃
 運:……………………….じゃあ 無理だね……..
 私:ですね….今度来たときぜひお願いしまーす!!
こんな会話ののち、
儲からないであろう客を乗せてしまったにも関わらず
運ちゃんは 残りの城への道のりで
できる限りの沖縄案内をしてくれたのでした。
ありがとう 運ちゃん。
沖縄の温かさが身に染みました。
ちなみに運ちゃんのセリフは
上では標準語っぽくなってますが
もちのろんイントネーションは沖縄風味。
そんなステキな触れ合いも
あったりなかったり、の国内修行。
次の修行もだんだん近づいております。
ただいま絶賛現地リサーチ中。

関連記事

粉とダシとソースとキャベツ

とびきりナウなアイツ

さよなら沖縄

明日は

満腹中枢を麻痺させて その2

満腹中枢を麻痺させて その1

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)