いよいよ最終日。お昼の集合時間まで、最後の自由行動タイム。ここで一気に買い物にはしる。
買い物、といっても ここ台湾においては食材関係買出し大会なわけで。
まずは朝早くから開いているライライ・シェラトン地下商店街の茗泉堂茶荘でお茶を購入。 かわいい茶器も沢山並んでいてかなり食指が動いたけど、今回は見送ることにして、飲んでもおいしく、香りも好きな凍頂烏龍茶を。 100グラムあたり800円弱からあり、今回は試しに約1500円/100gのを買ってみました。お店のおばちゃんも日本語堪能で、 いろいろ説明してくれたのでスムーズに買い物終了。
お茶の入れ方の説明書もつけてくれたし。あまりにスムーズに済んでしまった ため、付近に並んでいるお店でちょっとかわいかったのでうっかりヒスイものも買ってしまった。

image0094

徒歩で移動してリージェント内のDFSを少々冷やかし、近くにある欧欧大衆公司の地下へ。そんなに広くないけど、 ちょっとしたフードコートと食材満載のスーパーがあるのです。
ここで当初から買おうと決めていた干しエビ、干しマンゴー、 常温保存できるパパイヤ牛乳(上画像)などを買いこむ。なかでもいちばんのヒットは干しエビ。200グラムで300円くらいという安さ。 日本の中華街あたりで売っているものに比べてかなり安い(初日に連れていかれた食材の店の1/3くらいの値段)し、モノも良さそう。 あの時オバチャンの攻勢に負けて買わなくて良かったー。
帰国後、さっそく白菜と炒めたりしておいしさも確認。大げさなようだけど、 封を開けたら坂角のにおいがしたもの。
本当は新竹ビーフンも買いたかったけど、軽いのはいいけどかさばるので泣く泣く断念。 干しエビと合わせてビーフンを作りたかった。
欧欧大衆公司の近くには食材チェーン店・東陽があり、ここでもパイナップルケーキやメンマ、ザーサイやらを購入。こうして 両手いっぱいに食材の袋を下げて戻ったのでした。
どさくさにまぎれて途中のスタバで台北タンブラーも購入。

 

飛行機の時間は夕方4時。それにしては集合時間が早いけど、まぁ余裕をもってるのかね、と思っていたら、最後の最後に またも連れていかれましたタイアップ店。
もうここは今まで連れていかれた中でいちばんしょうもないものばっかり売ってました。 このラインナップでやっていけるのだろうかと、人ごとながら心配になるほど。ここで40分もやり過ごさねばならぬこの辛さ。
その後、今度こそ本当に空港へ向かうことができたのでした。

image0093

こちらは空港にて
台湾最後の食事・排骨飯セット。

———————————————————-

こうしてあっという間に過ぎた4日間。とりあえず台北の初歩は押さえたのではないかと。
本当に気に入ったポイントが多くて、 帰ってきてから周りの人に薦めまくってしまった。
飛行機で3時間程度だし、おいしいものもいっぱいだし、マッサージ関係も充実。
しつこいようだけど、本当にマンゴーのかき氷は絶品だし。日本でもああいうのが食べたい。
きっとまた行ってしまう、そんな予感 バシバシの初台湾でございました。

関連記事

何気にけっこうな出発遅延

朝からはりきる

初・台北101

行動開始

出発

最終日

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)