今回いちばん満足だったのが、ルーブル美術館から少し歩いたところにあるLe Mussetというカフェ。行ったのがお昼どき だったせいもあるのだろうけど、なにしろジモティ率が高い。赤を基調にした店内もかわいいし、お店の人もみんなキビキビで、 なにからなにまで素晴らしいー!

image0073
オニオングラタンスープ
タマネギの甘味と焦げたチーズがマッチ。

image0074
ローストチキン
本当にシンプルに 焼いただけなのにめちゃウマ。鳥の素材そのものがおいしくて素晴らしい。

image0075
ホットドッグ
フランスで「ホットドッグ」というと フランスパンにソーセージを挟み、上にチーズをのせて焼いたコレなのよねぇ。チーズがしつこくないし、ソーセージもおいしい。 パン自体も言わずもがな。

時間がなくてデザートまでいけなかったものの、ベルティヨンのアイスもおいてあるし、かなり期待できると思われます。

 

シャンゼリゼ通りのヴィトン本店近くの、ギャルソンがみんな船員さんチックな姿をしてるカフェにて

image0076
クロック マダム

image0077
クロックムッシュ&デザートにバナナスピリット

これらのメニウは大体どこのカフェにもあって、そして 大体おいしいものが出てくるわね。
ここのもご多分にもれずおいしい。チーズがとにかくどこもここもおいしいんだよなー。

 

image0078

アイスといえばぺルティヨン~。買ってすぐ、の食べ歩きもできるけど、カフェで食するとこんな豪華版で登場。 添えてある焼き菓子も、アーモンド風味でとてもおいしいのよ~。
おやつにマカロンを買って帰ったけど、 これまたおいしかったわ~ 
ここで働く人たちも、まかないのデザートにこのアイスを食べているのを目撃。うらやましい。

 

タルトタタンとはいっても、店によっていろいろあるもので-

image0079
既出のシャンゼリゼ通りの船員カフェのもの

image0080
ベルティヨンのもの

それぞれにおいしかったけど、やっぱりクリームにプラスしてアイスを添えてるだけ、私の中ではベルティヨンの方に 軍配を上げたい。
それと、見て下さいベルティヨンの写真を。
紅茶も一緒に頼んだのですが、茶器がチャイニーズチックで 非常にかわいいのです。
リンゴ好きにはたまらぬ冬の味覚・タルトタタン。他にもいろいろなお店で試してみたいねぇ。

関連記事

暑っ!!

さよならロンドン

!!!

世界の車窓から

15周年まつり

到着

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)