今回は買い物関係はそれほど大きなウェイトをしめていなかったので、そんなに力は入れなかったものの、 そこはやっぱり見ずにはいれないわけで、通りすがりにいろいろ眺めてみましたよ。

フェンディのバゲットもいくつかあったし(すげえ高い刺繍のやつ)、ヴェルニもいろいろ揃っていたし、プラダも定番から スポーツまで結構揃ってはいたものの、総じて「安くない」が合言葉。
日本で買うよりほんの少し+税金分くらい安い程度。
がしかし、DFSギャレリア(なぜに香港でDFS?)内のエルメスで、日本より少し安くなっていた時計を買おうとしたらば、 店員さんが「2割引」と言い出した(!)。もうー早く言ってよネエサンたら。ただし時計のみの話なんですが。
キャンペーン中だったのか、いつもそうなのかは不明だけど、時計を買うならペニンシュラ店よりこっち、ということで。 ちょっと不安になって保証書とかを目を皿のようにして見たけど、多分大丈夫なのではないかと。

他に買ってきたのは瀬川瑛子もコレを飲んで痩せた、という「高いプーアール茶」(笑)。なんせ500グラムで15,000円 くらいの代物。でも買ってから3ヶ月くらい経つ今でも封を開けてない、っていうのが全てを物語ってるわね!。

 

4月上旬の香港って、暖かいだろうと思いきや、めちゃめちゃ寒かった・・・。人工的に。
香港の人って、 「クーラーをつけていれば空気がきれいになる」と信じて、冬でもクーラーを入れている、とウワサには聞いていたけど まさか本当にそうだとは。
だから外はまだしも室内は最悪。特に辛かったのがホテルの部屋で、部屋で室温を操作する スイッチはないし、それならフロントに言えば良かったのかもしれないけど、そしたらホテル全体のクーラーを止めることになるのか?、などと小心者の私たちは考えてしまい、結局何も言えずじまいで耐えるのみ。
冷気の出るところを避けて ベッドを大移動したり、バスルームに避難したりと、凍え死ぬかと(だからフロントに言えば済む話なのかもしれないけど)。真夏はそれでも涼しくていいのでしょうが、こういった微妙な季節にはご注意あれー。

関連記事

何気にけっこうな出発遅延

朝からはりきる

初・台北101

行動開始

出発

最終日

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)