小学生の頃からの夢が叶ったアメリカ横断ウルトラクイズ初参加。
いよいよクイズスタート!

「栄えある第1問は・・・自由の女神が建てられた時、女神はニューヨークで一番高い建造物になった。○か×か。」

やっぱり1問目は女神問題か!
この「栄えある・・」っていうのがまたいいのよねー、なんて浸っている場合ではない。

1問目は考える時間が20分与えられる。「○かねぇ」などと言いつつ、早速、一応持参していた「地球の歩き方・ニューヨーク」 をチェック!!
とりあえず自由の女神の身長は46.05メートル、と確認。他に思い当たるめぼしい建物をチェック。 「エンパイヤステートビルは女神よりも後にできてるし、ワールドトレードセンターも後だし・・・・・・・・・ああっ」
パラパラとページをめくっていたら「トリニティ教会」の存在が。高さ86.62メートルで、できたのは1846年。自由の女神は 1886年にできてるから、これはトリニティの方が高い、ということに。よって答えは×!!

「1問目もらった。」
ほくそ笑むわたくしたち。後ろの列にものすごいマニアのような人がいたけど(聞こえてきた会話がマニアっぽかった)、その人達もわからない様子。中にはPCを取り出してリサーチしてる人も。

そうこうするうちに時間がせまってきて、そしていよいよ発表の時。

トメさんが「ホールダーップ!!」(←このコールもまたいい)というと、皆が一斉に○か×かを頭の上に上げます。 わたしたちはもちろん×。超自信満々~。

「○のみんなぁ、自信はあるかぁー」 「おおー」
「×のみんなぁ、自信はあるかぁー」 「おおー」
これまた懐かしいコール。福留教バンザイ。

「マール、マール」
「バーツ、バーツ」
それぞれの答えを皆が叫びます。私たちはもちろん「×」コール。

「栄えある第1問、自由の女神が建てられた時、女神はニューヨークで一番高い建造物になった。○か×か。答えはこれだぁーっ」

image0017

は???なんで??? ちょっと 何言ってんの???
とキレ気味の私たちでしたが。
勘のいい方はお気づきでしょう、私たちは女神の像だけの高さを考えていて、女神が立っている台座のことを忘れていたのです。台座(47.5メートル)を 足すと93.55メートル。
それまではトリニティ教会が一番高かったけど、自由の女神が当時ニューヨークで一番高い建造物になった、 とのこと。

あああ。
ほぼ1問目は手中におさめていたのにこんなバカなことで逃すとは・・・。
「○かねぇ」などと言っていたのに、なまじガイドブックで余計な知識を入れたために、こんなことになるなんて。
「私たちの人生っていつもこんな感じだよねぇ。」 しまいには人生まで語る始末。

がっくりしている私たちなどおかまいなしにクイズは2問目、3問目と進んでいき、4問目が終わった時点で、「どうです、 下に降りてきませんか」というトメさんの言葉。
勝ち進んでいる人々は喜々としてグラウンドへ降りてゆく。なかには、人工芝の上で寝そべる人も。ちきしょううらやましいぜー!!

こうして数問クイズが出された後、予選通過の100名が決定!!

image0019
お好きな人にはたまらない懐かしさ。

 

さて、1問目で敗退した私たちがなぜここまで残ってムダに他人のクイズ風景をボケッと見ていたかというと、これを待っている からなんですねー。

image0018
敗者の味方、徳光さん登場!!

もとから決まっていたのでしょうが、徳光さんがトメさんにお願いするような形で、12名のお年寄りを含む24名が敗者復活できることに。その辺の詳しいいきさつは省きますが(オンエアを見てくれ、ってことで)。

で、私たちはその敗者復活にもひっかかることなく、こうしてウルトラクイズ初参加は幕を閉じたのでした。
おかしいなー よりによって1問で負けかよー 私たちの中ではグアムの泥んこクイズぐらいまでいく予定だったのに(←図々しい)。
実は○か×のボールを持って制限時間内に答えのエリアへ走る練習も姉と密かにやってたのに(←バカ)。

でも参加できた喜びを胸に、また来年もあることを祈りつつ生きてゆこうと。で、<クイズで行けないなら自分で>ということ で、今年末にニューヨークに行ってみたいと思います(クイズに参加する前から行くことにしてたけど)。

関連記事

スクート、関空-ホノルル線から撤退するってよ

おめでとうございます

KEURIGマシン購入ものがたり

遅ればせながらメダリストパレード

台北マラソンふたたび

予定変更

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)