香港でのお楽しみはいろいろあれど、、「食」を忘れてはいけませぬ。もちろんいろんなものを堪能。

まずは飲茶。
香港でも今や数少なくなったといわれるワゴンサービスが行われている映月棲へゴー。
お昼時ともあって超満員。地元の人もいっぱい。
次から次へとワゴンが回ってくるたびに、あれもこれも、と もらってしまう、というワナにはまる。そしてどれもおいしくて超満腹。いろいろおいしゅうございましたが、 中でも心に残るのはたまごパイ。ちょっと前に流行った「エッグタルト」の原型になってるらしいですが、 これがデザートによろしゅうございます。

フカヒレ・アワビなら新同楽などがよろしいそうですが、なかなか庶民には敷居が高い、ということで、 この新同楽のカジュアルバージョンのお店が天官翅。リーズナブルに高品質のフカヒレが味わえるそうで。 チャイニーズおかずとともにフカヒレの煮たのなどを注文。
どこかで「ご飯にガンガンフカヒレをのせて食べよう」みたいなことを見たので、それをやってみたものの、白飯そのものがあまりウマくなかったので、フカヒレが台無しだよ・・・ ま、とにかく、これで「香港でフカヒレを食べた」という記念にはなりますぜ。

香港で話題の軽食店、として紹介されていたのが糖朝。行ったのがわりと夜遅かったにも関わらず、 香港の若人でめちゃ混み状態。しばし待った後、ようやく座ることができる。
麺モノと、「身体にやさしい」という豆腐のプリン、 マンゴープリンなどを注文。
まず麺。普通にエビなんかが入ったつゆそばなどを頼めばよかったのでしょうが、つい冒険して しまい、肉味噌みたいなのがのった麺を注文してしまったのが運のつき。この肉味噌が八角がすごく効いていて、 もうー八角の味しかしない。
そして人気らしい豆腐のプリン。「どうなのこれ?」といった味。 身体にやさしい、と思えばおいしく食べられるかも。話のタネに1回食べとけばいいかな。マンゴープリンはおいしかったのに。

以上はガイドブックなどを見て目指して行ったお店ですが、後は行き当たりばったりで入ったお店で食事をしました。 日本語メニューが用意されているところもありましたが、ないところでは漢字であたりをつけて注文。 これが結構楽しい。思い通りのものが出てくるときもあれば、予想外のものがでてくることも。
鳥のローストなどは結構はまってよく食べました。皮がぱりぱりで美味。ただこれも店によっては、八角(また出たよ)がすごく 効いてるところがあり、これはほんとに勘弁してほしい・・・あと「日本人はエビ・カニが好き」というのが現地には 浸透してるらしく、メニューとにらめっこしていると、「エビ、エビ」と指差しでお薦めされる、ということもしばしば。
いずれにしても、中華はなじみ深いものも多いので、失敗することも少ないのがありがたい。八角さえなければな。

関連記事

何気にけっこうな出発遅延

朝からはりきる

初・台北101

行動開始

出発

最終日

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)