image0002

さあある意味ベガスでのメインイベント・グランドキャニオンへのミニグレイトジャーニー。
天気も快晴で絶好のキャニオン日和 (多分)。まずは空港よりセスナに乗って国立公園内へ。年に何人か死んでるっていうし、セスナに乗る前に誓約書を書かされたりでけっこうドキドキだってのに、よりによって私は操縦席の横に座るハメに(上写真)。
でも有無を言わさずセスナは離陸。 ヘッドフォンで日本語の説明を聞きながら、約1時間の空の旅。話に聞くより、すごく安定した飛行で安心するのも束の間、 気を抜いていると突然ストンと下へ意図的に下げられたり。騒ぐ乗客を見て、喜ぶパイロット兄さん。いい加減な 絶叫マシンよりもスリルあり。

そうこうするうちにグランドキャニオン国立公園に到着。
公園内はバスで移動。ミヤコ蝶々似のガイド嬢によると、公園全体で 九州と同じ面積、岩の部分が長野県と同じ面積なのだそうで。
公園内にはいくつも展望ポイントがあり、その数カ所を見学。 それぞれ同じようでいて、少しずつ違う表情で何時間見ていても飽きない感じです。時間帯や季節によってもまた違うのでしょう。 このときはあちこちに雪が積もっていたので、今度は夏の風景も見てみたいわ。夜明けとか夕焼けの景色もきっと感動的なことでしょう。

昼食の後、またセスナで一路ラスベガスへ。帰りはパイロット兄さんのワザ見せもなく、のんびりとした空の旅で無事に ベガスに帰還。
いやーやっぱりアメリカ大陸はすごいわ。やっぱり人間、大きく出ないとだめよね。

関連記事

ディズニーランドではじける

レゴランド・発狂の記録④

レゴランド・発狂の記録③

レゴランド・発狂の記録②

レゴランド・発狂の記録①

最終日

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)