再び高松市方面へ。
時間の許す限り高松エリアの店を一気にやっつける作戦(もはや何かと戦っている)。
とはいっても朝から立て続けに3件制覇で胃はかなーり重い状態。コンビニに寄ったりして時間を微妙に稼いでみたり。 でもアイスを食べてたりする。

そうこうするうちに高松市内に入り、ナビに従いちょっと細い路地をカクカク、と進むと中北出現。駐車場スペースは広くないし 空いていないので、少し離れたところに車を停め、歩いて店まで行くのがよいよ、とジモティらしきおじさんが教えてくれたので その通りにする。
ちょうどお昼時だったけど、店内では数名並んでいた程度で、程なくうどん注文。

image0201
がしかし、ここの名物だという イワシ天がないじゃーん!!と思ったら、ちょうど揚げたてが出てきたよ。しかし「イワシ天」と聞いていたけど出てきたのは 「イワシフライ」。おや天ぷらじゃないのか?まあそんな小さいことは気にしない。
揚げたてイワシフライは肉厚でジューシイ。 うまーーーいー!!DHAバンザイ!!
さてこのイワシフライ、お値段は「時価」なんだそうで。きゃードキドキ。でも高くても 200円まで、というかわいいものらしい。で、この日のお値段は170円也。
肝心のうどん。どんぶりにうどんを入れてもらい、自分で 熱いOR冷たいダシをかけるシステム。
暑かったので冷たいダシをかけてみたけど、ちょっと生臭く感じたので、やはりいりこダシは熱い方がいいかも、と少々後悔。麺は素朴風味でモチモチ。

中北 ファイル

所在地 高松市勅使町1012
到着時刻 約 12:30
うどんにありついた時刻 約 12:35

 

つづいて中西へ。看板がどどーん、と掲げてあるので非常にわかりやすーい。
店内は町の食堂風。最初に手にするどんぶりの種類によって自動的に麺が何玉か決まっているというムダを省いたシステム。揚げ物関係もいろいろあって楽しいぜ。

image0202
ここでは コロッケとうずらの卵フライをチョイス。麺はしっとりモチモチ。ダシも間違いなし。
ここまでくると感想がもうワケわかりません。ヨネスケにはなれねえ。
朝早くからやっているらしいので、数多くうどん屋をめぐりたいときには必須でしょう。

中西 ファイル

所在地 高松市鹿角町899-3
到着時刻 約 13:10
うどんにありついた時刻 約 13:15

 

さてお次はあたりや。パチンコ屋の駐車場内にあるというナゾの立地で有名なこちら。
信号を曲がってバイパスに入ってすぐ、 パチンコ屋発見。「これか?」などと言ってるうちに通り過ぎてしまい、1回目はパチンコ屋の敷地内にすら入ることができず。 やはり初心者には厳しいのか!?やはりちょっとやそっとじゃうまいものにはありつけないのね。
ぐるりと一回りしてきて再びパチンコ屋に挑戦。今度は無事に敷地内進入に成功。そして地下(?)へと坂を下ると、おおおありましたあたりや!!
しかし、 「麺がなくなり次第終了」らしい。微妙な時間帯なのでドキドキしながら店内へ。
辛うじて麺はあるものの熱いダシがないらしく、 選択肢は「生醤油うどん」か「ひやひや」のみ、ということでそれらを注文。

image0204
そういや本日はいりこダシばっかり飲んでいたので、生醤油うどんは初。
正直いりこダシに少々飽きてきたところだったので、生醤油うどん は大正解。新たな気持ちでうどんに挑むことができまして。パンチの効いたコシ抜群のうどんに醤油&すだちがベストマッチ。
味がかわったせいか、立て続けに食べているのにまだおいしく食べられることの不思議さよ。

あたりや ファイル

所在地 高松市上天神町507-1
到着時刻 約 14:15
うどんにありついた時刻 約 14:20

 

こうしてそろそろお時間ということで高松市内を後に、空港へ。
途中、飛行機の時間まで余裕があったため、空港近くの「道の駅」で立ち寄り温泉。 温泉とはいっても健康ランド状態だったけれど、束の間の休息がとれて心身ともにリフレーッシュ!!

今回も新たにたくさんのおいしいうどんに出会えて、幸せな旅でございました。 それぞれのお店で個性があるし、まだまださぬきうどんは奥が深いと痛感。
それと今回はレンタカーだったので、いろいろなところへ足が伸ばせたのも勝因(勝ったのか?)。 谷川米穀店などは電車+タクシーでは辛いわよねやっぱり。

また行くぜー 待ってろさぬき!! その日まで近場のさぬきうどん店でシミュレーションしておきます。

関連記事

岡山のポテンシャル

2日目

1日目②

1日目

さぬきうどん行脚・2日目

さぬきうどん行脚・1日目

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)