サンデーブランチとイルカを目的に、カハラマンダリンオリエンタルホテルへ。
カハラモールからタクシーで5分ほどです。 ここに行くのは初めてだったのだけど、カハラモールからホテルへのアプローチ具合が秘密の場所へ向かう感じで、さすが「隠れ家」 と言われるだけあるわー。
スタッフの人達も感じがよくて、ますます憧れ度アップ。

まずはプルメリア・ビーチカフェでサンデーブランチ。
ビーチが見渡せる庭に面した席に案内してもらい、それだけでたいへん テンションが上がります。なんですかこの非日常空間。
庭では地元の人が結婚式を挙げていたり、お祝い事なのでしょう、めいめいが プレゼント持参で皆で食事をしていたり、とハワイの人達にとっても特別な場所であるということを実感。
で、料理はというと、 種類はそれほど多くはないけれど、どれをとってもおいしくてたいへん満足。
デザートもアメリカン的ではなくて繊細でいい味。 コナコーヒーのムースがおいしかったわー。

 

image0158

お腹がいっぱいになった後は、シンゴちゃん(警察無線じゃなくてスマップの方)もお気に入りだという、イルカが泳ぐ池へ。
時間によっては、直接イルカとたわむれることもできるらしいけど、この時は見学するのみ。
でもですよ、ただイルカが泳いでいる のを眺めるだけでたいへん癒されます。3匹(頭か?)のイルカがいたのですが、みんな人間に慣れているのか、デジカメをかまえれば目線を送ってくるし、呼べば近寄ってきてくれるし、もーう なんてかわいいの!!!
ベンチに座って1日中眺めて いても飽きないと思う、ほんとに。自閉症の子供もイルカセラピーで治るという話があるけど、本当に治るかもねこれは。

イルカの池のそばにはプール、そしてビーチが。ビーチチェアにはそれぞれ屋根がついていて、「ヴァカンス」って感じ~。 いつかここに泊まってこのビーチでのんびりしたい。

 

image0159

後ろ髪ひかれる思いでカハラマンダリンを後にし、再びカハラモールへ。
そしてシナボンをのぞく、と。お、ありました目新しい モノが。それはアップルボン&ピーチボン。どちらも惹かれるわー サンデーブランチ後でお腹は空いてないけど、チェックしないわけにはいきませぬ。
画像左がアップルボン、右がピーチボンです。
注文すると、いつものシナボンの上にそれぞれのコンポートとジャムの間、的なものをのせてくれる、という仕組み。この仕組みが分かってしまうと、若干興ざめではあるけれど、商売上手では ありますね。
ありそうでなかった、という感じでもあります。
どちらも基本のシナボンと合っていて、満腹なのに食べられるという 素晴らしさ。内容が内容だけに、日本への持ちかえりは難しそうだけど。

関連記事

ハワイ限定ですってよ

今ならもれなくブリトニー体型と名乗れる

悪循環?

社会復帰

帰ります

ぢつは

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)