image0147

大満足の竹里館を後に、再び永康街へ。食後のデザート第2弾です。目指すは「冰館」のマンゴーかき氷・その名も「超級芒果冰」!! 前回は夜市で食べて感動したマンゴーかき氷。今回は地元の人も行列を作るというこちらの店で。行ったときは行列もなく、 すんなり席もゲット。
日本人も多く訪れるのでしょう、メニューには日本語も併記です。
実はマンゴーの季節は4月から9月らしい。 確かに時は9月ではあるけどもう終盤。果たしてマンゴーはまだあるのか。ちょっと心配していたのだけど、心配ご無用!! ありました超級芒果冰!!メニュー番号3番。このときのために「ツァウチーマンコゥピン」と言い方も練習してきてんだ!!
カウンターにて、指で3をつくりながら「ツァ・・」と言い始めるのとほぼ同時に「『マンゴー』ネ!!」と店のネエサン。 全部言うまでもなく、マンゴーかき氷登場。120元也。日本円にして500円しないのよこれがさ!!きっと訪れる日本人の9割以上は コレを注文しているに違いない。
氷の部分が見えないほどに埋め尽くされたマンゴーマンゴーマンゴー。もう絵ヅラだけでも たまりませぬ。一口食べたらそりゃもうアナタ、涙がにじむ、ってもんです。うまぁぁぁぁい。ありがとうぅぅ!! (堀内孝雄で)。意味不明だけどそんな感じ。
ちなみにマンゴーのない季節はイチゴになるんだそうです。

 

image0148

永康街から中正紀念堂へは徒歩で20分程度。信義路二段沿いをずっと行けばよいので、散歩がてら腹ごなし。中正紀念堂の鮮やかな 青い屋根が見えてくると、その手前にあるのが「台北牛乳大王」。これはもちろん素通りするわけにはいきませぬ。
前回も飲んで おいしかったパパイヤ牛乳を飲もうと思ったのだけど、目についたのが「優酪乳」のポスター。優酪乳、それは(飲む)ヨーグルト。
各種果物と合わせたヨーグルトがある中、やっぱり選んでしまったのは芒果優酪乳、すなわちマンゴーヨーグルト。ガァァァ、と ミキサーにかけて出てまいりました。
一口飲んでやっぱりうまーい、と言ってしまう。さっきあれほどかき氷でマンゴーを 食べたのに、全然飽きてませんマンゴー。味は濃厚なのに後味すっきり。どっかで聞いたようなコピーですが。
あぁお腹が許すなら いろんな果物で試してみたい。

こうして満たされた心で中正紀念堂を軽く見学いたしましたー。

関連記事

何気にけっこうな出発遅延

朝からはりきる

初・台北101

行動開始

出発

最終日

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)