この日はまる一日フリー。まずは女子っぽく台湾ではかなり盛んだという占いからスタート。

 

昨年、香港で占ってもらったときは「牛肉を食べるな」だの「運転するな」だの、言われたい放題だったわたくし。 それらの禁止期間も2月の立春で終わったことだし、今年(もう残り半分だが)はどうやって生きてゆこうかしらとまたまたいっぱつお伺いを。

朝イチで、前日に予約を入れておいた「優理女相舘」へ。免税店「エバーリッチ」に程近いところなので 実は前日連れていかれた際に下見をしていたりする。
占ってくれる優理さんは岩崎ひろみ(NHK「ふたりっ子」の方)に似た感じ。 日本語能力検定1級を持っているそうで、日本語は完璧。早速占っていただく。
「米易占い」というそうで、小さい器に入った米をつまみ、 そのとなりに置かれた空の器に入れる。これを3回。その結果と名前、生年月日をふまえて高島易断みたいなぶ厚い本を駆使して、何やら 紙にサラサラと書きこむ。それを元にあれやこれやと説明、指南してくれるそう。

10分くらいで終了し、料金は2000円ちょっと。
「ズバリ」言われたところもあるし、「?」というところもあったけど、とりあえず 今後の身の振り方の参考になるのではないかと。的中率はかなり高いそうだけど、当たったほうがいいのか、悪いのか・・・ってな 内容でした私には。
私たちの後にも続々と迷える日本の女子が。参考までに、てな感じで占ってもらうのもよいのでは?

 

前日に行った全身マッサージのお店でも美顔マッサージのメニューはあったけど、あえてやらなかったのはこっちに来たかったからなのです。
というのも、どうやらこちらでは毛穴につまった角栓をとってくれるワザがあるらしい、との情報から。
予約を入れておいた アジアワールドプラザに程近い自然美というお店へ向かう。
入ってみると、そちこちに観葉植物やら池やら小石やらがあって 「ヒーリング」感溢れる清潔な雰囲気。細くてかわいい姉さんに案内されるがままにバスローブに着替え、待合室で待機。 様子を伺うと、地元マダムや姉さんたちで賑わってるもよう。これは期待できそう。

個室に入り、マッサージスタート。数種類のクリームを使いつつ、丹念にマッサージ。気持ちいいぃぃー。
その後しばしスチームにあたっていたかと思うと、おもむろに薄暗い部屋にピカッと明かりが。そうです。いよいよお待ちかねの 角栓とり。ひとつひとつの毛穴から先の細いピンセットのようなもので汚れをとっているもよう。
すみませんこんなに汚くてね、 と思いつつも、毛穴のよごれが一掃されるかと思うとほくそ笑んでしまう。芥川の「鼻」を思い出してみたり。

その後またマッサージ、じっくりパックなどをし、手先までもマッサージ。
最後にクリームを塗って終了。しめて2時間。
あまりの気持ち良さにしまいには寝てました。仕上がりはツルツル、ピカピカ、モチモチ。(※うどんではない)
汚れ一掃、栄養たっぷり、という感じで、翌日の化粧のノリも大変よろしゅうございました。
これだけやって6000円弱。 あとはいつまでこの状態を保てるかが問題。台湾女性は月イチペースで通ったりしているらしい。こんなのを月イチでやったら、 トラブル知らずの肌で過ごせることでしょう。うらやましい。

 

この時期の特徴なのか、3時くらいになると夕立みたいにザーっと雨が降り、そして暗くなる頃に止む。台湾に着てから 毎日この状態。
雨が上がるのを待って、前日不本意に終わった士林夜市へ再び。土曜日のせいか、特に賑わっているもよう。 前日は行かなかったところへもずんずん進んでいくと、ありましたありましたテレビで見た夜市の光景が。これこれこれよねー、と 発狂しつつ、いろいろのぞいて見る。

image0095
トリをまるまる揚げたもの

image0096
行列のできていたネギ肉まんじゅう

image0097
屋台の 基本よね(多分)、の坦仔麺

image0098
こちらは揚げものの屋台。
トリ肉を広げてカリカリに揚げた、と思われるものを食べてた人多し。

image0099
お持ち帰りパックに入れてもらった ビーフン。
実は台湾でいちばん食べたかったものがコレ(でも具があまりなくてちょっと期待はずれだった)。

image0100
そしてマンゴーのかき氷。
これ絶品。フワフワの氷の上に、手作りと思われるマンゴーのソースがどーん、練乳どーん、その上に生のマンゴーがこれでもか、と いわんばかりにのっている。一口食べただけで至福。
無言になって食べつづけてる途中、友人がつぶやいた。 「これはお腹こわしても食べるべきだねぇ」。
ほんとに同感。あぁまた食べたいよう。これを食べ
るためだけに台湾へ飛んでも いいくらいこの画像でおいしさが伝わるでしょうか??

さて、台湾の屋台といえば臭豆腐。ウワサには聞いてたけど本当にスゴイにおい。店の半径50メートルくらいはこのにおいが 充満してました。言うまでもなく挑戦する気にはなれず。
歩いていて「なんかにおう」と思っていると、前方から 歩いてきた人が串にさした臭豆腐を持っていたり。なぜ持ち歩く!! まさに歩く爆弾、て感じ。

そんなこんなで、人混みと暑さでベタベタになりながら、でもいろいろおいしくて満足して 夜市から生還したのでありました。

 

そういえば台湾で「めちゃイケ」をパクった番組がある、って やってたよね、ちょうど土曜だし、、、ってことでテレビをつけると、本当にやってた。オチのつけ方、スーパーの出し方、 「めちゃイケ」そっくりよ。「!」とかね。
そしてホテルの部屋にいるときはずっとテレビをつけてたけど、MTVなどではところどころに日本人歌手がおりこまれてました。 「ゆず」を「柚子」と表記してたりして「そのまんまなのね」と感心したり。
別のチャンネルでは「愛してるといってくれ」も やってたし。
多分日本でやってる時代劇と同じ感覚なんだろうけど、昔の中国を舞台にした感じのドラマなどもあって面白い。 NHKの「三国志」を思い出すわ。

関連記事

何気にけっこうな出発遅延

朝からはりきる

初・台北101

行動開始

出発

最終日

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)