世界三大珍味のひとつ、トリュフ。そのトリュフがお気軽に食べられる店がある、というのをパリのリサーチ中に知り、 行ってみることに。
なんとそこは高級食材店、フォション、エディアールのすぐ近くで、今まで素通りしていた場所でしたよ。MAISON DE LA TRUFFEというお店です。

中に入ってみたらば食堂&酒屋という感じで、とてもカジュアル。前菜、メイン、デザートがそれぞれいくつかの中から選べる定食に加え、ある意味のメイン、黒トリュフのタリアテッレを注文。
メニューには「白トリュフの~」とあったのだけど、 白は12月まで、ということで、黒で妥協。

 

image0081

まずは前菜のラタトゥユ。野菜いっぱいで栄養満点だし、パンとの相性もバッチリ。
ただ、メインの添え物が何かを知っていれば、これはチョイスしなかった・・・

 

image0082

そうなのです。こちらの添え物にもラタトゥユっぽいものが・・・ 
メインのカツレツは外はカリっと、 中は柔らか、でおいしい。そしてデカイ。
しかし狂牛病は大丈夫なのかしら?(食べちゃったけど)

 

image0083

待ってましたトリュフゥゥ!!!
黒く見えるのは全部トリュフだそうです。贅沢だわ~ 
クリームソースが見た目よりしつこく なかったので、飽きのこない味。
でもトリュフがたくさんすぎ、というのも考えものかも、と庶民はちょっと思いました。
先日、1月は「黒トリュフのベストシーズン」だという話を聞いたので、ナイスなタイミングで良かったー。

 

image0084

デザート。
ムース、ということだったので、フワフワのやつをイメージしてましたが、違ってました。
生チョコを食べてるみたいに しっとりで、クリームともちょっと違う、わりとどっしりとした質感で、そしてほろ苦。おいしい。

関連記事

暑っ!!

さよならロンドン

!!!

世界の車窓から

15周年まつり

到着

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)