今回の旅は「行ったもん勝ち」。これに尽きます。
チケット騒動で一時は行くかどうか迷ったけど、普通の旅行では行けないような 街や場所にも行けたし、チケットゲットのための交渉もある意味いい経験でしょう。
そしてなによりワールドカップの試合が見れた わけだし。同じツアーの人たちとも話したけど、本当に「行って良かった」としみじみ。

ナントは今までまったく馴染みがなかったけど、こじんまりしていながらあなどれない街です。というのもここにはエルメスのショップがあるのねー(後で気づいたので行ってない)。品薄商品などは、チェックしてみる価値があるかも!?そんなに大きくない 街のようだけど、田舎すぎず都会すぎず、で住みやすい感じかも。
リヨンは、フランス第2の都市ということで、街も大きくてにぎわっているし、ブランドショップも充実。また、「美食の都」とも いうとのことだったので、おいしいものが食べたかったけど、時間がなくて断念したのが悔やまれる。
カフェなどの飲み物等の相場は パリに比べて安い感じ。フランスパンのサンドイッチも、心なしかパリよりおいしいような気がしたし、そういった意味でもリヨンは日本でいうところの大阪みたいな扱いかな?

ちなみに帰国翌日、いろんな余韻が抜けないままドロドロで出社したら、辛うじて私の席はありました。 そして、会う人会う人に「どうだった?」と聞かれ、そのたびに一部始終説明をする、という状態が続き、 現在はあの楽しかった日々を胸に、カードの請求にそなえて質素な毎日を送っております。

関連記事

暑っ!!

さよならロンドン

!!!

世界の車窓から

15周年まつり

到着

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)