愉快なホンコン 楽しいホンコン やってきましたユメの街。
ノースの貯まったマイルを香港行きチケットに替え、おいしいモノを食べてエステでピカピカになって、ゴーヂャスホテルも 泊まっちゃうアルよー!!

———————————————————-

この香港の旅で特筆すべきは、なんといってもザ・ペニンシュラ。エアーがタダだったので、 予算をホテル代に回せたため実現。とにかくゴージャス。これにつきる。
チェックイン後、部屋に案内してもらい、ひとつひとつの設備について説明して頂く、なんてのは初めてよー。 感動はこれだけにとどまらず、快適ステイへの扉はまだまだ開く。
まあ言っても一番安い部屋のため、さほど広くはないものの、 天井が高いのでそれを感じさせないつくり。そこにどーんと広~いベッド。ビジネス机にFAX完備。ゆったりソファにアジアンフルーツ のバスケットがお出迎え。バスルームにはテレビもついてるし、アメニティはもちろん完璧。おまけにエルメスの石鹸まで。 そして「ペニンシュラ」ロゴ入りのバスローブ。スターにしきのじゃないけど、ちょっくら頂きたい衝動に かられるのなんのって。いやしなかったけど。とにかく施設の充実さは数え上げたらキリがない。

朝食はホテル内「ザ・ロビー」でイングリッシュブレックファースト。
フレッシュジュース、パン類の選択肢も豊富で、 もちろん卵もいろいろな焼き方を選べます。思わず血迷ってメロンのジュースを頼んだらキュウリ味だし。 いくら種類が豊富でもやはりここは正当にオレンジやグレープフルーツあたりがよいのかも。パイナップルもおいしかったけど。
ちなみにここでアフタヌーンティーも経験しましたが、ゴージャス感は変わらぬものの、ケーキ類は「まぁまぁそこそこ」、 といったところでした。ちなみにマンダリンオリエンタルの「クリッパー・ラウンジ」のアフタヌーンティーを 香港親善大使・浅野ゆう子お姉さまがご推薦されていたので、今度はこちらも味わってみたいものです。

ゲストの特権、それはプールに入れること。短い日程上、夜に入らざるをえなかったのですが、これがすごかった。 フロアは一面ガラス張りなので、プールに入りながらにして百万ドルの夜景が楽しめるのです。もうー至福のひととき。 ひと休みしていると、係の人もすーっと水を持ってきてくれたりと、いたれりつくせり。いつまでも泳いでいたい気分で ございました。更衣室もシャワーから何から施設が整っていて、こんなところでもアッパー気分。ヒュー!!

てな具合で何から何まで整っていて快適ステイをお約束、のザ・ペニンシュラ。ショッピングモールもあるし。 一生のうちでときにはこんなゴージャス気分を味わったってバチはあたるまい。

関連記事

何気にけっこうな出発遅延

朝からはりきる

初・台北101

行動開始

出発

最終日

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)